デザインの話

【実務経験3年以上なきゃダメ?】未経験からグラフィックデザイナーの実務経験を積む方法 

実務経験アイキャッチ
はな
グラフィックデザイナーになりたいんだけど、実務経験が求められるケースが多いので、どういった場所で実務経験を積むことができるの?

こういった疑問にお答えします。

こんな方におすすめ

  • これからグラフィックデザイナーを目指す人
  • 求人に書いてある「実務経験のある方」について知りたい人
  • グラフィックデザイナーの実務経験の積み方を知りたい人
めがねんち
この記事を書いている私はグラフィックデザイナー歴約15年です。現在は印刷物のデザインとWEBのデザインからコーディングまでやっています。

グラフィックデザイナーの求人に書かれている「実務経験のある方」

「実務経験」って言われても、この「実務経験」が一体どこまでの範囲を言うのかよく分からないですよね。

今回はこれからグラフィックデザイナーを目指す人のために、「実務経験」についてわかりやすくまとめました。

ぜひご覧ください!

Contents

グラフィックデザイナーの実務経験とは?

グラフィックデザイナーの実務経験とは?

一般的にグラフィックデザイナーの「実務経験」とは、デザイナーとしてデザイン会社などで働いた経験を「実務経験」といいます。

基本的に新卒の人は実務経験はないということになります。(学生の時から働いていれば別ですが)

なので新卒の場合は、実務経験がないわけですから、学歴とポートフォリオが実務経験の変わりになります。

一方、中途採用の場合は、学歴よりもグラフィックデザイナーとしての経験や能力、ポートフォリオが実務経験の基準になります。

会社が実務経験を求める意味は?

会社が実務経験を求める意味は?

まず実務経験があるグラフィックデザイナーを募集する会社側の立場を考えてみましょう。

実務経験者、すなわち即戦力の人が欲しいということが考えられます。

本音を言うと、例えば「未経験可」と募集事項に書いてあっても、本当に何もできない未経験者が応募してきたら困ります。

なので、ある程度線引きするために「実務経験ある方」と募集事項に書く会社が多いです。

グラフィックデザイナーの実務経験の年数とは?

グラフィックデザイナーの実務経験の年数とは?

会社が実務経験の年数を書いている場合、求める人材は変わってきます。

実務経験の年数例

  • 実務経験1年以上
    一通り経験してきているだろうから、未経験よりマシかな
  • 実務経験2年以上
    基本的なこと+応用はある程度できるだろう、できて欲しい
  • 実務経験3年以上
    教えなくても慣れてくれば仕事はできるだろう、できてくれなきゃ困る

正直グラフィックデザイナーは実力がものを言う世界なので、実務経験の年数は関係ないですが、ある程度の目安にはなります。

例えばよく言われるのは3年。

もちろん会社によって変わってくるし、年数関係なくバリバリ仕事ができる人もいます。3年経っても出来ないことだらけですが、目安として3年で一通りの仕事を経験できるってことです。

ちなみに私はグラフィックデザイナー歴15年以上ですが、日々反省と勉強です…。

グラフィックデザイナーの実務経験の積み方

グラフィックデザイナーの実務経験の積み方

そもそも未経験な自分がどうやって最初の実務経験を積めばいいんだろう。
このままじゃずっとデザイン系の仕事にはつけなそう・・・。

そんな方のためにグラフィックデザイナーの実務経験の積み方を考えてみます。

未経験の方がグラフィックデザイナーとして実務経験を積む方法としては

  1. 実務経験を問わない会社に就職する
  2. アルバイトや派遣などでどこかの会社でグラフィックデザインの実務経験を積んだ上で、他の会社に就職する

この2つの方法があります。

1. 実務経験を問わない会社に就職する

「未経験OK」の会社なら実務経験がなくても就職するチャンスがあります。

ただ「未経験OK」と書いてあっても、本気の未経験だとまず受かりません。

せめてAdobeソフトの基本操作が使えるとか、ポートフォリオをしっかり準備するとかしないと就職は厳しいです。

さらに「未経験OK」と書いてあっても、実務経験者がたくさん応募してきます。

実務経験者でいい人がいれば、そっちが優先になります。

なぜなら会社は一から教えなくて済みますから。

ただ変な色がついていない、全くの未経験者を採用したい会社もあるのは事実です。

どっちにしろ未経験からの挑戦は、厳しい戦いが待っていると思っておきましょう。

2. アルバイトや派遣などでどこかの会社でグラフィックデザインの実務経験をつんだ上で、他の会社に就職する

いきなり正社員から就職が難しい場合は、アルバイトや派遣からはじめる方法があります。

会社によっては、デザイン会社でアルバイトや派遣などで働いた経験も、実務経験と考えてくれる場合があるからです。

結局グラフィックデザイナーは実力次第なので、正社員として実務経験があっても実力がないと受かりません。

アルバイトや派遣でも、しっかり実力があれば就職のチャンスは十分あります。

グラフィックデザイナーの実務経験を積むための会社を探せる「求人サイト

グラフィックデザイナーの実務経験を積むための会社を探せる「求人サイト」をご紹介します。

まずは第二新卒や経験不問の求人を多く扱っている「doda」「マイナビ」「求人ボックス」「リクナビNEXT」「Indeed」「デザインのお仕事」などがおすすめです。

さらに広告・Web・マスコミ業界に特化した求人サイトに【マスメディアン】 があります。

未経験者向けの求人は少なめですが、広告・Web・マスコミ業界に特化した求人サイトは珍しいのでぜひチェックしてみてください。

グラフィックデザイナーの実務経験を積むために面接までにやっておきたいこと

グラフィックデザイナーの実務経験を積むために面接までにやっておいた方がいいこと

グラフィックデザイナーの実務経験を積むために、面接までにやっておきたいことをご紹介します。

1. Adobeソフトの基本的なスキル習得

デザインの現場では、ほぼ100%Adobeソフトを使います。

Adobeソフトを使わないでデザイナーでいられるのは、実作業をしない大御所のデザイナーぐらいです。

Adobeソフトの勉強方法は、本や動画を使って独学で勉強してもいいし、手っ取り早くスクールに通う方法があります。

Adobeソフトを本や動画を使って自分のペースで学びたい人は、IllustratorやInDesignの勉強方法を下記でご紹介しています。

こちらもCHECK

Illustratorアイキャッチ
【初心者向け】挫折しない!Illustratorの使い方を学ぶ【おすすめの勉強方法】

続きを見る

こちらもCHECK

InDesignアイキャッチ
【初心者向け】挫折しない!InDesignの使い方を学ぶ【おすすめの勉強方法】

続きを見る

多少お金がかかりますが、スクールならAdobeソフトやデザインを学べて、さらに就職の相談にのってくれるので、なるべく早く効率的にグラフィックデザイナーを目指したい人にはおすすめです。

デザインを学べるおすすめのスクールは下記をご覧ください。

こちらもCHECK

DTPスクールアイキャッチ2
【最新】未経験からDTPで副業収入・フリーランスを目指す!おすすめ「DTPスクール」と「講座」をご紹介

続きを見る

「Adobeソフトをまだ持っていない!」という人は、お得な購入方法を下記でご紹介しています。

こちらもCHECK

Adobeスクールパートナーアイキャッチ
【Adobeを安く買う方法】「アドビスクールパートナー」3社の通信講座を徹底比較

続きを見る

2. 実務経験がなくてもポートフォリオは必須

グラフィックデザイナーの合否はポートフォリオで決まると言っても過言ではありません。

美術系の大学や専門学校、専門スクールに通っていれば、ポートフォリオにのせる作品があるかもしれませんが、未経験から目指す人は作品がないかもしれません。

しかし「未経験だから作品はありません」じゃまず受かりません。

個人的に作った作品でもいいから、とにかく作品を必ず用意しましょう。

ポイントとしては「未経験だけど、こいつもしかしたらいけるんちゃう?」っていうポートフォリオが理想です。

とにかくグラフィックデザイナーの就職にはポートフォリオはめっちゃ大事です。

ポートフォリオについては下記も参考にどうぞ。

こちらもCHECK

【紙のポートフォリオ】イケてる表紙のデザイン参考例と作り方をご紹介

続きを見る

こちらもCHECK

はじめて作るポートフォリオの「自己紹介」
【入門】はじめて作るポートフォリオの「自己紹介」【書き方とデザイン・レイアウトの参考例をご紹介】

続きを見る

こちらもCHECK

ポートフォリオ読んでも損しない本5選
ポートフォリオ作りに参考になる、読んでも損しない本【おすすめ書籍5選】

続きを見る

3. とにかく動きながら考える

とにかく行動あるのみです。

「ここの会社は自分の実力では難しいかな」とか「応募して大丈夫だろうか」とか、考えている暇があるなら行動しましょう。

もちろんAdobeソフトのスキルやポートフォリオなど最低限の準備は必要ですが、何社も落ちてもいいんです。どんどん申し込みましょう。

書類で落とされることがほとんどかもしれません。でもダメ元で受けるんです。

行動すると気づくことがたくさんありますよ。

面接に行って自分が足りないところや、こうしておけばよかったことをどんどん修正して、次に備えましょう!

まとめ

とにかくグラフィックデザイナーとして実務経験を積みたいなら、極力早く「現場で働く」ことです。

しかしながら現場で働くには準備が必要です。まずはしっかり準備をして、就職を目指しましょう。

いますぐ希望の会社に入れなかったとしても、どこかの部分で必ずつながっています。

一歩ずつスキルを上げながら実務経験を積んでいけば、必ず最終的に希望するところに近づけるはずです。

今回は以上です。
ではまた!

-デザインの話

© 2022 めがねんちblog Powered by AFFINGER5