デザインの話

グラフィックデザイナーって何?どんなことしてるの?現役グラフィックデザイナーが教えます。

仕事風景
はな
グラフィックデザイナーって何?どんなことしてるの?

「グラフィックデザイナー」…聞いたことあるけど、実際どんな仕事をしてるのでしょうか?

世の中には数多くの会社があり、たくさんのグラフィックデザイナーがいます。やっている仕事内容や会社の規模によって様々な違いがあります。

この記事は「こんなグラフィックデザイナーもいるんだな」と参考の1つとして読んでいただければと思います。

現役でグラフィックデザイナーをやっている私が、一般的に言われていることに加え、自分がリアルに経験してきたこと、知り合いのデザイナーに聞いた事などを交えて紹介しようと思います!

この記事は以下のような人におすすめ!

  • グラフィックデザイナーに興味のある方 
  • これからグラフィックデザイナーを目指している方

グラフィックデザイナーって何?どんなことしてるの?

Good ideaとチョークで書いている

グラフィックデザイナーとは、一般的にパンフレット、ポスター、カタログ、チラシ、雑誌広告や新聞広告、ロゴなどの紙媒体の印刷物に関わるデザインをする職業です。

基本的に印刷物ならなんでもやる感じです。

大手制作会社だとディレクション、デザイン、コピー、撮影などを分担しますが、小さな制作会社だとそこまで細かく分担しないところが多いです。

私自身小さな制作会社に勤めていたので、基本的に一人で何でもやる感じでした。まあ大手制作会社の仕事とは違い、一人でもできる仕事だから出来たとも言えるのですが。。

会社の規模によって多少仕事内容は変わると思います。

グラフィックデザイナーになるためには

ミーティング風景

グラフィックデザイナーになるためには、特別な資格は必要ないです。

ただ多くグラフィックデザイナーとして活躍している人が 、美術系の大学や専門学校などでデザインを学んで、卒業後に広告代理店や制作会社、デザイン事務所などに就職し、グラフィックデザイナーとして活躍しています。

新卒の場合は大手広告代理店、大手制作会社なら大学卒、中堅デザイン事務所であっても専門学校卒の学歴を求められることが多いです。

グラフィックデザイナーになるための方法を知りたい方は下記記事をどうぞ。
>>グラフィックデザイナーになるための方法【一般的な目指し方をご紹介】

グラフィックデザイナーに向いている人

mac

グラフィックデザイナーはどんな人が向いているのでしょうか?

一般的に言われていることや私自身のこと、私の周りのグラフィックデザイナーの人達を見て、共通する部分を紹介します!

我慢強い人、粘り強い人

グラフィックデザイナーは一見華やかに見えるかも知れませんが、過酷な職業です。

毎日夜遅くまで作業する時もあるし、スケジュールの期限が迫ってきているのにアイデアが出ず、焦る時もあります。

せっかく出したものをクライアントからダメ出しを受け、自信をなくしたり落ち込んだり。何度も修正を繰り返すことは日常茶飯事。

さらに新人グラフィックデザイナーの頃は先輩デザイナーからもダメ出しされます。

そんな状況でも、諦めずデザインに取り組める我慢強さや粘り強さが、グラフィックデザイナーには求められます。

新しいもの好きな人

グラフィックデザイナーには何かの分野に精通している人や少しミーハーな部分がある人、こだわりが強く新しいもの好きな人が多い気がします。

デザインをする上で世間の流行やトレンドをわかっていないと、新しいものをデザインに取り入れることができないです。

コミュニケーション力がある人

グラフィックデザイナーはただものを作っていればいいだけではありません。意外にコミュニケーション能力が求められる仕事です。

デザイナー自身がクライアントにプレゼンをしたりすることもあります。何となく作ったではなく、自分が作ったデザインの意図を説明しなければなりません。

ただコミュニケーションが苦手でも、めっちゃ格好いいデザインをする人を何人も知っています(´∇`)

センス

個人的にはセンスはないよりあったほうがいいと思いますが、センスがなくても全然デザイナーはできます。

「センスがいい」とはそもそも何か?

センスは経験や引き出しの多さでカバーできるので、若い頃はセンスなんか気にしなくてもいいですよ!

まとめ

パソコンと本、コーヒー、植物が乗っている机

この記事では、グラフィックデザイナーの仕事内容やグラフィックデザイナーになる方法、グラフィックデザイナーに向いている人を紹介しました。

※補足:「グラフィックデザインだけでなくWEBにも興味がある」って方向け
受講期間6ヶ月で、基礎から自分オリジナルのWEBサイト制作ができるレベルまで学べ、さらに現役デザイナー社員が直接教えてくれるので、仕事の現場で必要なスキルを学べます。
>>Webデザインスクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」を現役デザイナーが本音でレビューしてみた


色々書かせていただきましたが、結局グラフィックデザイナーには誰でもなれます。


ただどんな職業もですが、なってから継続することが一番難しいですよね。

「継続は力なり」じゃないですけど、諦めず辞めないで続けていれば、それなりのグラフィックデザイナーとしてやっていけます。私自身が証明しています。

これからグラフィックデザイナーを目指す人に何かの参考になれば嬉しいです!

ではまた♪

-デザインの話

© 2022 めがねんちblog Powered by AFFINGER5