デザインの話

【未経験からデザイナーになる】未経験から転職を成功させるポートフォリオの作り方

未経験から転職を成功させるポートフォリオの作り方
はな
未経験だけどグラフィックデザイナーとして就職したい!けれどポートフォリオをどうやって作ったらわからないから教えてほしい

こういった質問にお答えします。

本記事の内容

• ポートフォリオ未経験者が初めてポートフォリオを作る際の心構え
• ポートフォリオの大きさとページ数と形状
• ポートフォリオに掲載する内容
•ポートフォリオを作成するためのソフト

この記事を書いている私はグラフィックデザイナー歴約15年です。現在はある会社でデザイナーとして、印刷物からWebまでやっています。

グラフィックデザイナーになるために資格はいりません。なので基本的に誰でもなれます。

グラフィックデザイナーになるための方法を下記で紹介しています。
>>【4つの方法をご紹介】グラフィックデザイナーになるには?

しかし、未経験からグラフィックデザイナーとして就職するのは、辛く厳しい道のりです。

この記事では、「未経験からグラフックデザイナーとして就職するために何の準備が必要か?」を本気で考えてみました。

Contents

【未経験からデザイナーになる】未経験から転職を成功させるポートフォリオの作り方

未経験から転職を成功させるポートフォリオの作り方
Business team meeting about human resources concept. High angle view.

未経験からデザイナーとして就職するための準備のひとつに「Adobeソフトの基本の習得」があります。

Adobeソフトについては下記記事でご紹介していますのでご覧ください。

こちらもCHECK

未経験からグラフィックデザイナーとして就職するために何の準備が必要か?【Adobeソフト編】

続きを見る

未経験からデザイナーとして就職するために、もうひとつの準備として「ポートフォリオ」があります。

ポートフォリオとは…
「自分の制作物をまとめた作品集」自己紹介のようなものです。

デザイナーとして就職するためには、ポートフォリオがないとまず受かりません。

デザイナーの就職は、ポートフォリオで決まるといっても過言ではありません。会社はポートフォリオを見てあなたの力量を判断します。つまり、ポートフォリオの出来が合否を左右と言っても過言ではありません。

しかし未経験からグラフィックデザイナーを目指す人は、「ポートフォリオを作る」といっても、何から手をつけていいかわからないと思います。

ポートフォリオ未経験の人が、なんとかポートフォリオを作れるようになるためのアレコレをご紹介したいと思います。

ポートフォリオ未経験者が初めてポートフォリオを作る際の心構え

まずポートフォリオ未経験者が初めてポートフォリオを作る際の心構えをご紹介したいと思います。

心構え1:ポートフォリオに載せる作品がないなら作るしかない!

まずポートフォリオに載せる作品がないと話になりません。

未経験の方は、「ポートフォリオを作りたいけど何ものせる作品がない……」という人がほとんどだと思います。

そりゃ未経験なので、載せる作品が無いのは仕方のないことですが、未経験からグラフィックデザイナーを目指すなら、ポートフォリオは必須です。

作品が無いなら作るしかありません。

でもいきなり「作品を作りましょう!」といってもわからないと思うので、いくつか作品を作る方法をご紹介します。

作品を作る方法①:架空で作る

よくある方法の1つとして、架空の「商品」や「会社」「お店」などを設定し、ロゴやチラシ、パンフレット、パッケージなどを作る方法があります。

例:架空の女性誌の表紙をデザインする
例:架空の新商品のお茶のパッケージをデザインする
例:架空のIT会社のLOGOを作る
例:架空のカフェのオープンチラシ など

ちなみに架空じゃなくても、すでに世の中にある商品などを自分なりにデザインし直す方法でもOKです。

作品を作る方法②:クラウドソーシングに応募して作る

ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングのコンペに応募して、作品を増やすのも手です。

もちろん選ばれれば実績になるし、選ばれなかった作品でもポートフォリオに載せる作品になります。

作品を作る方法③:スクールに通い課題をこなす

ポートフォリオに載せる作品を作るために、デジハリなどのデザインスクールに通う手もあります。

スクールの課題をこなすことで、ポートフォリオに載せる作品になります。しかもスクールでプロの講師にアドバイスが貰えるので、デザインのスキルUPにもつながります。

デメリットしては、スクールに通うお金がかかりますが、質のいい作品を作るには、1番近道かもしれません。

心構え2:ポートフォリオの参考サイトを見て、作り方をパクれ!

いいポートフォリオを作るには、先輩方の「いいポートフォリオを見るのが1番!」ということで、ポートフォリオ作りの参考になるサイトをご紹介します。

ポートフォリオは、「掲載する作品のクオリティ」が大切なのはもちろんですが、「作品の見せ方」も同じくらい大切です。

未経験の方は「1から自分で考えてポートフォリオを作る」といっても、難しいと思います。

そんな時は、自分で見やすいな」「かっこいいな」と思ったポートフォリオの「作品の見せ方」を、どんどん真似しちゃいましょう!

とにかく先人のいいポートフォリオを見ることが大切です!

ポートフォリオ百科

ポートフォリオ百科

https://hataraku.vivivit.com/portfolio

美大藝大就活ナビ

芸大美大就活ナビ

https://bidai-geidai.jp/library/ikesaku

Pinterest

Pinterest

https://www.pinterest.jp/

「ポートフォリオ」と検索しましょう。

ポートフォリオの大きさとページ数と形状

ポートフォリオの大きさとページ数と形状

実際にポートフォリオを作る際の、細かい大きさやページ数、形状などをご紹介します。

ポートフォリオの大きさとページ数

ポートフォリオに決められた大きさはありませんが、未経験者の人はA4またはA3でいいと思います。

A4であればファイリングもしやすいので、企業側も扱いやすいです。なるべく作品を大きく見せたい時は、A3でもOKです。

縦か横の向きに関しては、どちらでも問題ありません。掲載する作品に合った向きで大丈夫です。

ページ数に関しては特に決まりはありませんが、大切なのは「掲載する内容に合ったページ数」であることです。

一応ページ数の目安としては、表紙や目次なども含め、20ページ前後を目安にしましょう。

ポートフォリオの形状

1.自宅でプリントしてクリアファイルに入れる

最も手軽で安く制作できるのが、自宅でプリントアウトをして市販のクリアファイルに入れる方法です。

クリアファイルの種類としては、ページ数が調節できるタイプのクリアファイルがオススメです。

もちろんこれじゃなくてもいいのですが、参考までにこんなのです。

ちなみに自宅でプリントアウトする時は、用紙はケチらず、少しでも作品の見栄えがよくなるように、高品質なものを使用しましょう。

2.印刷会社で印刷〜製本までする

この方法は少し中・上級者向けですが、ポートフォリオの見栄えを追求したいなら、「キンコーズ」などの印刷会社で印刷し、製本する方法があります。

見栄えは抜群にいいですが、お金がかかるのがデメリットです。

ポートフォリオに掲載する内容

ポートフォリオに掲載する内容

ポートフォリオに掲載する内容は、以下の項目が一般的です。

  • 表紙
  • 目次
  • プロフィール
  • 作品紹介
  • 連絡先
  • 裏表紙

特にポートフォリオは、「プロフィール」「作品紹介」の2つが大切です。

プロフィールに掲載する内容は、「名前」「生年月日」「顔写真」「過去経歴」「スキル」「資格・使用可能ツール」「自己PR」などです。

プロフィールは、履歴書以外で企業にあなたのことを知ってもらうチャンスになります。

作品紹介には、「作品のビジュアル」「作品名」だけではなく、「ただ作りました」状態になってしまわないように、「コンセプト」「工夫した点」「制作時間」「使用ソフト」なども掲載しましょう。

作品紹介に関しては、ただ作品を並べるのではなく、初めて見る人が見やすいように、見せ方を工夫することが大切です。

とにかくわかりやすいポートフォリオを作成することを心がけましょう。

作品と同様、「表紙」や「裏表紙」も作品の一部になるので、しっかり考えて作りましょう。

ポートフォリオの表紙と自己紹介の作り方は下記で紹介しています。

こちらもCHECK

【紙のポートフォリオ】おしゃれな表紙の作り方とデザイン参考例をご紹介

続きを見る

こちらもCHECK

はじめて作るポートフォリオの「自己紹介」
【入門】はじめて作るポートフォリオの「自己紹介」【書き方とデザイン・レイアウトの参考例をご紹介】

続きを見る

ポートフォリオを作成するためのソフト

Adobeソフト

ポートフォリオを作成するためのソフトに決まりはありませんが、デザイナーならAdobeの「Illustrator」や「InDesign」で作りましょう。

ページ数が多いなら「InDesign」をオススメしますが、「InDesign」が使えない人は「Illustrator」でも全然OKです。

まだAdobeの「Illustrator」と「InDesign」を持っていなくて、Adobeソフトの操作が不安な方は、Adobe(アドビ)マスター講座アドバンスクールオンラインなど、お得な講座があるのでチェックしてみてください。

無料ポートフォリオ作成サービスを使うのも手

無料ポートフォリオ作成サービスを使うのも手

とはいってもポートフォリオを初めて作る方は、ポートフォリオを作るのは中々ハードルが高い方もいるかもしれません。

そんな時は無料ポートフォリオ作成サービスがあるので、使ってみるのも手かもしれません。

無料ポートフォリオ作成サービスについては下記記事でご紹介していますのでご覧ください。

こちらもCHECK

【初心者向け】無料ポートフォリオ作成サービス3選【簡単にすぐ作れる】
【初心者向け】無料ポートフォリオ作成サービス3選【簡単にすぐ作れる】

続きを見る

まとめ

デザイナーとして就職するためには、ポートフォリオが必要です。

しかしデザイナー未経験からグラフィックデザイナーを目指す方にとって、初めてポートフォリオを作るのはほんと大変だと思います。

しかしここを乗り切らないとグラフィックデザイナーの道はひらきません。

とにかく、「ポートフォリオに載せる作品がないなら作るしかない!」「ポートフォリオの作り方は参考サイトを見てパクれ!」です。

慌てず最後まで諦めず頑張りましょう!

というわけで、今回は以上です。
ではまた!

-デザインの話

© 2022 めがねんちblog Powered by AFFINGER5