デザインの話

未経験からグラフィックデザイナーとして就職するために何の準備が必要か?【Adobeソフト編】

はな
未経験だけどグラフィックデザイナーとして就職したい!少しでも早く就職したいから、やらなきゃいけないことを教えてほしい

こういった質問にお答えします。

本記事の内容

• 未経験からグラフィックデザイナーとして就職するために何の準備が必要か?
• 未経験からグラフィックデザイナーとして就職するために「準備しておきたいこと」
• Adobeソフトの基本操作について
• どのくらい勉強すればいいのか?目安は?

この記事を書いている私はグラフィックデザイナー歴約15年です。現在はある会社でデザイナーとして、印刷物からWebまでやっています。

グラフィックデザイナーになるためには資格はいりません。なので基本的に誰でもなれます。

グラフィックデザイナーになるための方法を下記で紹介しています。
>>【4つの方法をご紹介】グラフィックデザイナーになるには?

しかし、未経験からグラフィックデザイナーとして就職するのは、辛く厳しい道のりです。

中には「未経験から独学でいきなりフリーのグラフィックデザイナー」という強者もいますが、あまり現実的ではないです。

フリーを目指したいのであれば、会社で経験値を積んでからフリーになっても遅くないです。

この記事では、「未経験からグラフックデザイナーとして就職するために何の準備が必要か?」を本気で考えてみました。

未経験からグラフィックデザイナーとして就職するために何の準備が必要か?【Adobeソフト編】

未経験からグラフィックデザイナーとして就職するために何の準備が必要か?

まず「未経験からグラフィックデザイナーとして就職を目指す」ということはどういうことか、予想できる厳しい現実をまとめてみました。

未経験OKと書いてあっても経験者が優先

よく求人に「未経験OK」とありますが、実際は「経験者がいなければ、未経験者でもOKですよ」ということです。

新卒なら別ですが、基本的に中途採用は即戦力を望みます。

それでも「未経験者OK」と書くのは、

  1. 変に経験があって癖のついた人よりも、一からどこにも染まっていない人を育てたい
  2. 経験者だけの募集だと応募数が少ないかもしれないので、未経験者もOKにして、経験者にいい人がいなければ未経験者を採用して一から育てよう

の二つの理由があると思います。

なので「未経験OK」と書いてあっても、経験者でいい人がいれば、経験者のほうが育てる手間も省けるし、早く戦力になるため、経験者を採用すると思います。

とにかく「未経験者OK」という言葉を信用しすぎてはいけないということです。

運良く入れても使い捨てか雑用ばかり

未経験から運良くある会社に入れたとします。

中には教育制度がしていて、未経験から育ててくれる会社があるかもしれません。

しかし現実は「人がすぐやめてしまう会社」など、ブラック企業にあたってしまう可能性があります。

なぜなら条件のいい会社は、毎年新卒を採用するし、中途採用も経験者で占められます。

未経験者からだと、入れたとしても小規模のデザイン事務所か印刷会社になる確率が高いです。

小規模のデザイン事務所は人を育てる余裕もないし、教育制度がちゃんとしていない会社が多いです。

未経験者が入ると、ひたすら働かせて使い捨てか、雑用ばかりやらされる恐れがあります。

ブラックなデザイン事務所については下記でまとめていますのでどうぞ。

>>今では一発アウト!?少人数のブラックデザイン事務所の実在したブラックな面々

>>少人数のブラックデザイン事務所の基本的なワークフローを教えます

>>少人数のブラックデザイン事務所にいた残念な新人。現役グラフィックデザイナーが教えます。

未経験からグラフィックデザイナーとして就職するために「準備しておきたいこと」

未経験からグラフィックデザイナーとして就職するために「準備しておきたいこと」

未経験からグラフィックデザイナーとして就職するのは厳しい道のりです。

厳しいからこそ、就職活動をする前に「準備しておきたいこと」があります。

そのひとつに「Adobeソフト」のスキル習得があります。

グラフィックデザイナーがデザインをする上で必ず使う、Adobeソフトについてのお話をしようと思います。

Adobeソフトの基本操作について

Adobeソフトの基本操作について

未経験からグラフィックデザイナーとして就職したいなら、Adobeソフトの基本的なことぐらいは絶対覚えておきたいです

未経験からの就職は、小規模のデザイン事務所になる場合があります。

小規模のデザイン事務所は人数も少ないため、いくら未経験とはいえ、Adobeソフトの基本操作から教えている余裕はありません。

なので就職する前にAdobeソフトの基本操作ぐらいは絶対覚えておきましょう。

特にIllustrator 」と「Photoshop 」は絶対です

もし雑誌や書籍をやっている会社を目指すなら、InDesignも覚えたいところです。

あくまでも覚えるのは基本的なことまででOK。バリバリ使いこなせなくても大丈夫です。Adobeソフトなんて、仕事をしていけばどんどん使えるようになりますから。

Adobeソフトの勉強方法

未経験からグラフィックデザイナーとして就職するために、Adobeソフトの勉強方法をご紹介します。

勉強方法① 本で学ぶ

まず1番手頃に始められるのが、本を買って勉強する方法

本の場合、わからないことが聞けないのがデメリットかもしれません。デザイン関係の本って案外高し、変な本を買うとわかりずらいので要注意です。

個人的に読んでみて、わかりやすいおすすめの本を紹介しておきます。

おすすめの本

「世界一わかりやすい Illustrator & Photoshop 操作とデザインの教科書」は、PhotoshopとIllustrator両方の使い方が掲載されているので、1冊で済むのでオススメです。

この2冊もわかりやすかったです。

勉強方法② 無料の動画で学ぶ

Adobeチュートリアル

Adobeの公式サイトで、初心者からエキスパート向けまでのチュートリアル動画が無料で観れます。

ほとんどの動画が、数分から15分ほどの動画なので、飽きずに集中して観ることができますよ。

Illustratorチュートリアル

Photoshop チュートリアル

YouTubeにも色々な無料動画がありますので、チェックしてみてください。

勉強方法③ Udemy(ユーデミー)で学ぶ

udemy

Udemy とは、100,000以上の講座があるオンライン学習プラットフォーム。

本や無料動画を見ても分からない…そんなときに役立つのが、「Udemy」です。

有料ですが、値段は1講座2,000円前後なので購入しやすいです。ちょっとしたデザイン本より安いですよね。しかもすべて30日間返金保証付き

無料の動画よりも、断然内容は濃いです。より深く、段階を踏んで学びたい人にオススメです。

ちなみに私も、WEBの勉強するために「Udemy」で何講座か受けたことがあります。

Illustratorおすすめの講座
  1. Illustrator 基礎からプロレベルまで 完全ですべてをゼロから最短で学べる標準Illustratorコース
  2. ゼロからスキルがしっかり身につく!Adobe Illustrator(イラストレーター)グラフィックデザイン実践基礎講座
  3. 【超初心者用】初めてのAdobe illustrator(イラストレーター)使い方講座【完全版】
Photoshopおすすめの講座
  1. 最新Photoshop CC  23時間の動画と演習でPhotoshopの全てを完全マスター 初心者がプロを目指すコース
  2. Photoshop CC マスターコース : 動画で徹底的に学ぶ! 確かな技術をマスターしよう!

本の学習と併用するのもいいかもしれませんね。

Adobeソフト(Adobe Creative Cloud)をまだ持っていない人は

Adobeのソフトを使うには、Adobe Creative Cloudを購入しなければなりません。

まだAdobeのソフトをもっていない方は、Adobe Creative CloudAdobeソフトの基礎動画教材がセットで手に入る方法もあります。

しかも、Adobe Creative Cloudが学生・教職員版の値段で買えるので、正規で買うよりめっちゃ安いです。

Adobe Creative Cloudの購入費用を抑えたい人は、下記の講座をチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>アドバンスクールオンライン >>Adobe(アドビ)マスター講座

AdobeソフトAdobe Creative Cloud)のみの購入は

Adobe公式サイトからの購入はこちら。

いきなり購入!が不安な方は、無料で7日間試せるので、購入前に試してみてもいいかもですね。

Illustrator

Photoshop

学生の方はこちらでCreative Cloudを最大65%OFFでご購入できます。

・ 学生・教職員個人版Creative Cloud最大65%OFF

どのくらい勉強すればいいのか?目安は?

どのくらい勉強すればいいのか?目安は?
はな
Adobeソフトの基本的なことっていうけど、具体的にどのくらいのレベルまで覚えておけばいいの?

人によって勉強方法や勉強に使える時間、覚えるスピードなどが違うので、明確な目安はありませんが、1ヶ月ぐらいを目安にしましょう。

Illustratorで覚えておきたい基本的なこと

基本的なツールの名称や場所、画像や図形やイラストなどの移動、レイヤー構造の理解、グループ化、フォントの入力、フォントのアウトライン化 など

Photoshopで覚えておきたい基本的なこと

基本的なツールの名称や場所、写真の切り抜き、CMYKやRGBの違い など

上記で書いた基本的なことはあくまでも目安です。Adobeソフトを勉強しながら、どんどん就職活動をしましょう!

まとめ

WE'RE HIRING

未経験からグラフィックデザイナーとして就職したいなら、Adobeソフトの基本的なことは絶対覚えておきましょう。

Adobeソフトのスキルは、デザインをする上でかかせません。未経験からグラフィックデザイナーとして就職したいなら、せめてAdobeソフトの基本操作ができるのは絶対です。

今は勉強方法は色々選べるので、自分に合った方法で勉強をすすめましょう。

心折れずに何社も受けよう

就職は実力以外にも、タイミングや縁も必要です。

おそらく未経験からの就職活動は、何社も何十社も落ちてしまうかもしれません。

だけど、「自分は世の中に必要とされていないんだ…」と必要以上に落ち込まないでください。(過去の自分がそうでした)

諦めず続けていれば必ず自分を必要としてくれる会社が見つかるハズ。

というわけで、今回は以上です。
ではまた!

-デザインの話

© 2022 めがねんちblog Powered by AFFINGER5