デザインの話

Acrobat(アクロバット)で入稿PDFのRGBを確認する方法

Acrobat

印刷所にデータ入稿…グラフィックデザイナーにとって、やっとクライアントからOKをもらい、ほっと一安心の後に最後の大仕事であり、1番集中しなけれはいけない瞬間です。

例えば、Webであれば何か間違っていてもすぐに直せます。しかし、紙媒体など印刷するものは、印刷をしてしまったら直せません。 

もし間違いがあった場合は、最悪の場合、印刷をやり直します。(刷り直し)

もちろん印刷をやり直すにはお金がかかります。印刷する部数によっては、顔が青ざめるような金額になったりします。

私は今まで何回か印刷後にミスが発覚し、刷り直しを発生させてしまった経験があります。

その時の肩身の狭さといったらないです。二度と経験をしたくないです。

印刷所にデータ入稿するということは、デザイナーにとって緊張する瞬間ですよね。

印刷の入稿データは基本的にCMYK

キーボード

IllustratorやInDesignなどで作成したデザインデータは、印刷所には基本的CMYKで入稿します。


印刷所によっては、データ内にRGBが混ざっていても、印刷の際にCMYKに変換してくれたり、印刷機側で自動的にCMYKにしてくれたりします。

その場合、RGBの部分がCMYKとして印刷され、画面で見ていた発色の良い色のイメージと違う状態で印刷されてしまう危険性があります。

デザイナー側からすると、印刷されたものが画面で見ていた色のイメージと違うので血の気が引きます。

最悪の場合、クライアント側からクレームがきて、問題になる場合もあります。

「Adobe Acrobat Reader DC」でPDF内のRGBを簡単に見つける方法

モニターを見つめる猫

印刷所に入稿する場合、PDFデータで入稿する事が多くなってきています。

なのでここではPDFデータで印刷所に入稿する場合を想定しています。

Adobe Acrobat Reader DC」で、PDF内のRGB部分を探す方法をご紹介します。

1. PDFに書き出したファイルを「Adobe Acrobat Reader DC」で開きます。

Acrobat画面01

2.右側の1番上の虫眼鏡をクリックしてツールを開く

Acrobat画面02

3.ツールのウィンドウが開いたら、「印刷工程」を選択

Acrobat画面03

4.一番上にある「出力プレビュー」を選択

Acrobat画面04

5.表示:の「すべて」と書いてあるところを選択

Acrobat画面04

6.「すべて」を選択するとウィンドウが開くので、「RGB」を選択

Acrobat画面05

7.「RGB」を選択すると、カラーモードがRGB形式の箇所だけが表示されます

Acrobat画面06

こうすることで、RGBの箇所が一目瞭然。RGBのまま印刷されることが防げます。

RGBの箇所を、CMYKに変換して、もう1度入稿PDFを作成しましょう。

まとめ

パソコンの前でガッツポーズ

いかがでしたか?

グラフィックデザイナーにとって、印刷時の色問題は避けては通れない道です。

色の種類によってはRGBのまま印刷しても、あまり色が変わらない場合があります。

しかし、RGBの箇所が思っていた以上に、色がくすむ場合もありますので、入稿前にRGBの箇所があるかをしっかりチェックして、印刷後に色の問題が起こるリスクを回避しましょう。

パソコンを覗き込む犬
超簡単!Shuttestock 1か月無料お試し 登録から解約までの方法をご紹介!

続きを見る

-デザインの話

© 2022 めがねんちblog Powered by AFFINGER5